【2022‐23シーズン】イチゴの生育状況

こんにちは!Slow Farmの安藤です。


イチゴの花は咲き、蜂達が受粉作業をしてくれています。ここまで来るといよいよ収穫が見えてきます。受粉した花は肥大を始め、すこしずつイチゴの実の形に代わってきます。ドキドキです!気候にもよりますが、このままの状態が続けば12月中旬から収穫が出来るのではないかと考えています。


今年はパティスリーSlow Sweetsをオープンして初めてのクリスマスになりますので、イチゴが間に合わなかったらどうしようと、不安の日々でした。何とか目途がつき、ほっとしています。11月23日(水)から、クリスマスケーキの予約も始まりますので、是非お試しください!収穫初めのイチゴは大粒で、見応え・食べ応えどちらも兼ね備えたケーキになります。


さて、最初の花が受粉して安心しているのもつかの間、次の花がぽつぽつと上がってきました。一株になっている実が多ければ多いほど株への負担が重くなっていきます。加えて、これから厳寒期に突入していきますので、株の生育は鈍化していきます。暖房機を使った早朝加温や、Co2施用を行い、少しでも光合成効率を上げる事が重要になってきます。寒くしすぎず、熱くしすぎず、じーっくり育てる事によってイチゴは味が良くなってきます。


もう1~2週間で赤い実も見えてくると思います!是非ハウス越しに見てみてくださいね。


ご来園お待ちしております。



📣お知らせ📣


\SlowFarmスタッフの個人アカウントが出来ました/


【代表】 安藤圭太 

https://twitter.com/Keita_slowfarm


【広報】 滝嶋凌佑 

https://twitter.com/slowfarm_tacky


SlowFarm、Sweetsの情報の他にも、

日頃の様子やちょっとした出来事などを

スタッフ個人の目線でつぶやきます!

是非フォローしてみてください!


閲覧数:170回